今回は、運用会社、販売会社、信託銀行この三者がどのような役割をしているか、役割がどのように違うのかといったところを解説していきたいと思います。

この三者はそれぞれ違う仕事をしています。 集められたお金をどのように投資するのかを考えるのは、運用会社の仕事です。

運用だけに集中するので販売はしません。運用方法は運用会社の考え方によって変わります。

投資家から集められた資金の投資方法は、運用会社の運用方針によって決められ、どのような対象に投資されるかも運用会社次第です。 金融商品を選ぶときは、運用会社の指示を受けた信託銀行が、株や債権を中心に指示通りに選んでいきます。

様々な投資対象があり、例えば、国外株式、インデックス投資等から、債権や国内株式、その他の運用対象としても株価指数への投資などもあります。 このように運用会社は、販売会社とは別の役割を果たし、また、信託銀行はお金の保管、資産管理を専門に行います。

販売会社から投資信託を購入しますが、完全に販売のみを行っているのが、大手証券会社や銀行などの販売会社ですので、あなたの資金を運用する運用会社は別の会社です。 役割はこのように分離しているのです。

販売会社のことについては次回もう少し詳しく書きたいと思います。